■国の重要無形民俗文化財「天津司の舞」
f0077613_104838100.jpg
甲府市小瀬町に伝わる伝統芸能。国の重要無形民俗文化財。
9体の傀儡が天津司神社から鈴宮諏訪神社 までを御幸する。
通り道の小瀬スポーツ公園では、休日の家族連れを驚かせる。
鈴宮諏訪神社では「お舟囲い」と呼ばれる幕の内で傀儡が舞を披露するが、外から見えるのは幕の上からちょっとだけ見える頭だけ。その模様はこちらからどうぞ。


f0077613_10501056.jpg

f0077613_10502355.jpg

f0077613_1050361.jpg

f0077613_10504948.jpg

f0077613_105132.jpg

f0077613_10515390.jpg

f0077613_1052598.jpg

f0077613_10521837.jpg

f0077613_10523268.jpg

f0077613_10524594.jpg

f0077613_1053280.jpg

f0077613_10532981.jpg

[PR]
by calbra | 2007-04-08 11:44 |  甲府市
<< ■日本最古の傀儡子(くぐつ)舞... ■「千円札の富士山撮影地」から... >>