■藤村式建築の流れをくむ「旧田中銀行社屋」
f0077613_611322.jpg
山梨には、明治6年から20年まで山梨県令(知事)を務めた藤村紫朗が推奨した擬洋風建築「藤村式建築物」という歴史文化財があります。
代表的な例としては、武田神社境内の「藤村記念館」や、旧甲州街道勝沼宿の「旧田中銀行」などが、貴重な明治の面影を今も残しています。

f0077613_61361.jpg

[PR]
by calbra | 2007-02-10 06:04 |  甲州市
<< ■福田山「塩澤寺」の「厄除地蔵... ■勝沼町ぶどうの丘「天空の湯」 >>