■松里地区で見られる初冬の風物詩「ころ柿のすだれ」
f0077613_183457.jpg
山梨日日新聞2006年10月30日
「甲州市松里地区でころ柿ピンチ」
より抜粋
http://www.sannichi.co.jp/DAILY/news/2006/10/30/2.html
甲州市の松里地区で見られる初冬の風物詩「ころ柿のすだれ」が、柿不足のためピンチとなっている。特産品のころ柿を軒先一面に干す名物だが、七月の強風や天候不順が影響して落果の被害が続出。今シーズンの収穫量は「例年の五−六割程度」(地元JA)とみられ、各農家は「例年のような立派なオレンジ色のカーテンは披露できないだろう」と残念がっている。
f0077613_1864081.jpg

松里は全国的な枯露柿の産地として知られている。松里の枯露柿は山梨県を代表する特産物の一つで、カルブラでも取り扱いを検討していただけに、ショッキングなニュースだ。

f0077613_187504.jpg

f0077613_188201.jpg

f0077613_1885775.jpg

f0077613_1893752.jpg

f0077613_18104038.jpg

f0077613_18105842.jpg

f0077613_1811138.jpg

f0077613_18113941.jpg

f0077613_18121477.jpg

[PR]
by calbra | 2006-12-03 12:57 |  甲州市
<< ■重要文化財等見所満載の高橋山放光寺 ■乾徳山「恵林寺」 >>