■重要文化財等見所満載の高橋山放光寺
f0077613_16434564.jpg

恵林寺の近くにありながらあまり知名度は高くない。しかし、大日如来像、愛染明王像、不動明王像、金剛力士像の重要文化財や、梅、花菖蒲をはじめとする四季折々の花など見所は多い。
三月中旬〜六月下旬と、九月中旬〜十一月下旬の間だったら、予約をすれば精進料理を頂くことができる。

f0077613_16442896.jpg

抹茶などをいただき、平安時代の仏像三躯(大日如来坐像、愛染明王坐像、不動明王立像)を拝観し、戦国時代には、武田信玄の祈願所として篤い崇敬と保護を受けた放光寺の中庭を眺めつつ味わう精進料理は、山梨でも指折りの超お薦めの癒し系スポット。騙されたと思って一度お試しあれ。

f0077613_1644532.jpg

見所満載の放光寺だが、もう一つ、特筆すべきは阿形、吽形、二躯の木造金剛力士立像(鎌倉時代)です。
この金剛力士像、今年の10月14日から11月20日に山梨県立博物館で行われた開館一周年記念特別展、「祈りのかたち 甲斐の信仰」に、放光寺の重要文化財、金剛力士像が出展されました。

f0077613_1646680.jpg

26日に放光寺に出かけたのですが、まだ金剛力士像は帰ってきていませんでした。でもまあ、空っぽの山門を見る機会もなかなか無いです。金剛力士像は、また次回ということで。
ちなみに、後日放光寺に帰ってきた金剛力士像は、5時間もかけて山門の中に収められたそうです。

f0077613_16463495.jpg

f0077613_16464779.jpg

f0077613_16471379.jpg

f0077613_16472535.jpg

[PR]
by calbra | 2006-12-03 16:42 |  甲州市
<< ■「図解 山本勘助と武田一族の... ■松里地区で見られる初冬の風物... >>